TikTok広告の種類と特徴 – 認知度アップからコンバージョン獲得まで!

advertisement TIKTOK広告

TikTokはユーザー参加型の動画共有SNSとして、近年大きな人気を博しています。企業にとってもTikTokは優れたマーケティングツールとなっており、効果的な広告手法が存在します。本ブログでは、TikTok広告の概要から具体的な運用方法、配信面と種類まで、幅広く解説していきます。TikTok広告を活用してブランディングやマーケティング施策を成功させる秘訣をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

1. TikTok広告の種類と特徴

social media

TikTokの広告は様々な種類と特徴を持っています。以下では、主要なTikTok広告の種類とその特徴について詳しく解説します。

1. インフィード広告

インフィード広告は、ユーザーのフィードに表示される動画広告です。ユーザーのフィードに自然な形で表示されるため、ユーザーにアプローチしやすくなっています。インフィード広告の成功の鍵は、視聴者の興味を引くクリエイティブなコンテンツの作成です。

特徴:
– ユーザーのフィードに自然に表示される
– 視聴者の興味を引くクリエイティブが必要

2. ブランドテイクオーバー

ブランドテイクオーバーは、TikTokアプリを起動した直後に表示される全画面広告です。ユーザーがアプリを開いた瞬間に広告が表示されるため、非常に高いインパクトを持っています。ブランドテイクオーバーは、短期間の広告キャンペーンに適しており、ユーザーの認知を高めるのに効果的です。

特徴:
– アプリ起動時に全画面広告が表示される
– 高いインパクトを持つが枠数が限られている

3. トップビュー

トップビューは、インフィード広告の一番上に表示される動画広告です。ユーザーがフィードをスクロールして最初に見る広告となりますので、非常に高い視認性を持っています。トップビューは他の広告よりも優先的に表示されるため、ユーザーの注目を集めることができます。

特徴:
– インフィード広告の一番上に表示される
– 高い視認性を持つ

4. ハッシュタグチャレンジ

ハッシュタグチャレンジは、企業が特定のハッシュタグを作成し、ユーザーがそのハッシュタグを使用して動画を作成する広告です。ユーザー参加型の広告形式であり、ユーザーが自発的に動画を作成し、共有することで広告の拡散力や反応率が高まります。

特徴:
– ユーザーの参加により広告の拡散力が高まる
– ユーザー参加型の広告形式で反応率が高い

以上が、TikTok広告の種類と特徴です。それぞれの広告形式には異なる特徴があり、目的やターゲットに応じて最適な広告を選ぶことが重要です。

2. 運用型広告と予約型広告の違い

advertising

運用型広告と予約型広告は、TikTok広告の2つの主要な形式として存在しています。それぞれの広告形式の特徴や違いを詳しく見ていきましょう。

運用型広告

運用型広告は、広告主が広告の配信内容やターゲット、予算などを設定し、広告効果を最大化するために運用するタイプの広告です。運用型広告はオークション形式で、広告の掲載権を入札で競います。入札で勝った広告が表示されます。

運用型広告の特徴:
– 管理画面を通じて少額から出稿が可能です。
– 広告目的に応じて、ブランド認知や購買意向、コンバージョンなどのさまざまな目標を設定できます。
– 短期的な宣伝や広告効果の最大化が可能です。

運用型広告のメニュー:
– ブランド認知:多くのユーザーに広告を見てもらうためのリーチ戦略を設定します。
– 購買意向:購買意向を高めるためのトラフィックの増加や動画広告の視聴数やエンゲージメントの向上など、さまざまな手法を設定します。
– コンバージョン:アプリのインストールやウェブサイトでのコンバージョンを促す広告戦略を設定します。

予約型広告

予約型広告は、TikTokが提供する広告枠を購入し、一定期間にわたって広告を固定で掲載するタイプの広告です。広告の配信形式は予め決まっており、特定の広告が特定の場所に表示されるように設定します。

予約型広告の特徴:
– 大規模なプロモーションや認知拡大に適しています。
– 購買意向やリーチの増加を目指します。
– 特定の広告を特定の場所に固定して表示されるように設定します。

予約型広告のメニュー:
– 起動画面広告(TopView):アプリ起動時に縦型フル画面で表示される動画広告です。
– インフィード広告(Reach&Frequency):おすすめフィードの一部に表示される広告です。
– ハッシュタグチャレンジ(#Challenge):特定のハッシュタグを付けて投稿することで、ユーザー参加型の広告を行います。
– ブランドエフェクト(Branded Effect):ブランド独自のエフェクトを作成し、ユーザーに利用を促進する広告です。

運用型広告と予約型広告は、それぞれの特徴や目的に沿って選択することが重要です。運用型広告は柔軟な設定と広告効果の最大化が可能であり、予約型広告は大規模なプロモーションや認知拡大の際に効果的です。自社の広告戦略や目的に合わせて、適切な広告形式を選ぶことが成功の鍵となります。

3. TikTok運用型広告の目的と設定方法

advertising

TikTok運用型広告には、さまざまな目的を設定することができます。以下では、具体的な目的とその設定方法について紹介します。

ブランド認知

ブランドの認知度を高めたい場合、「リーチ」という広告目的を設定します。これにより、多くのユーザーに広告が表示されるようになります。

購買意欲の増加

商品やサービスの購買意欲を高めたい場合には、以下の設定方法があります。

  • トラフィック:Webサイトやアプリストアへの誘導数を増やしたい場合に設定します。
  • 動画視聴数:動画広告の視聴数やエンゲージメントを向上させたい場合に設定します。
  • リード生成:見込み顧客を獲得したい場合に設定します。
  • コミュニティインタラクション:ページのフォロワーやプロフィール訪問数を増やしたい場合に設定します。

コンバージョンの増加

アプリのインストールやウェブサイトでのコンバージョンを増やしたい場合には、以下の設定方法があります。

  • アプリプロモーション:アプリのインストールやエンゲージメントを増やしたい場合に設定します。
  • ウェブサイトのコンバージョン数:ウェブサイトでのコンバージョンを促進したい場合に設定します。

これらの目的設定を活用することで、効果的な広告配信が可能となります。適切な目的設定に加え、ターゲット層や広告クリエイティブの制作、データ分析の活用が重要です。効果測定や評価を繰り返すことで、最適な広告戦略を実現することができます。

4. TikTok広告の配信面と種類

TikTok

TikTok広告は、縦型フルスクリーンの配信面特徴を持っています。この特徴により、一般投稿の中に自然に広告を配信することができます。

TikTokでは、以下の4つの種類の広告が利用できます。

1. 起動画面広告

起動画面広告は、TikTokのアプリが起動される際に表示される広告です。広告が表示されるため、広く認知を広げるのに適しています。ただし、1日に限定された枠しか配信できず、費用も高額です。通常の価格相場は約500〜600万円です。

2. チャレンジ広告

チャレンジ広告は、企業が独自の「#」を設定し、ユーザー参加型の広告です。ユーザーが自主的にチャレンジに参加し、投稿するスタイルであり、自然な拡散やバズる可能性が非常に高いです。費用相場は約1,000万円です。

3. インフィード広告

インフィード広告は、一般の投稿に自然に溶け込むことができ、広告として気づかれにくい特徴があります。さらに、シェア機能もあるため、拡散効果も期待できます。価格相場は約50万円です。

4. 運用型広告

運用型広告は、一般の投稿と同じ形式で配信され、ターゲティングも設定可能です。広告費用は少額からスタートでき、柔軟性が高いです。ただし、運用型のため、広告運用の知識が必要です。価格相場は選択した課金方式によりますが、少額から始めることができます。

これらの広告を出稿する方法は異なります。起動画面広告、チャレンジ広告、およびインフィード広告の場合は、TikTokの公式サイトへ問い合わせが必要です。一方、運用型広告の場合は、TikTok For Businessに自分で登録し、広告を出稿することができます。それぞれの広告種類について詳しく解説します。

5. 自社にマッチするTikTok広告の選び方

advertising

TikTok広告を選ぶ際には、自社のニーズや目標に合った広告を選ぶことが重要です。以下では、自社にマッチするTikTok広告を選ぶための方法をご紹介します。

利用目的に合わせて広告を選択する

まず、自社の目的に合わせてTikTok広告の利用目的を明確にすることが重要です。例えば、商品やサービスの認知度を高めたいのか、購入や申し込みを促進したいのかによって、選ぶべき広告は異なります。目的に合わせて広告を選びましょう。

広告費予算に応じた選択をする

広告費予算も考慮して広告を選ぶことが重要です。自社が投入できる予算の範囲によって、選択肢が制限されることもあります。例えば、起動画面広告やハッシュタグチャレンジなどは高額な費用が必要ですが、運用型広告やインフィード広告なら予算的に厳しい場合でも始めることができます。

費用対効果とブランディングの重視度を考慮する

TikTok広告を運用する際には、費用対効果とブランディングの重視度を考慮して広告を選ぶことも重要です。もしコンバージョン獲得を目指しているのであれば、費用対効果の高い運用型広告を選びましょう。一方、ブランディング重視であれば、起動画面広告やハッシュタグチャレンジなどの期間契約型やインプレッション課金型の広告を検討しましょう。

自社に最適な広告を選ぶためには、利用目的、予算、費用対効果とブランディングの重視度を考慮することが重要です。以上のポイントを参考に、戦略的な広告選びを行いましょう。

まとめ

TikTok広告には様々な種類があり、それぞれに特徴があることがわかりました。自社のニーズに合わせて広告の目的を明確にし、予算や費用対効果、ブランディングなどを考慮しながら、最適な広告を選択することが重要です。また、効果的な運用には、クリエイティブの制作やターゲティング、データ分析など、幅広い知識が必要となります。TikTokを活用したマーケティング活動を成功させるには、このような広告の特性や選択方法を理解したうえで、戦略的な広告運用を心がけることが肝心です。

よくある質問

TikTokの広告にはどのような種類があるの?

TikTokの広告には、インフィード広告、ブランドテイクオーバー、トップビュー、ハッシュタグチャレンジなどさまざまな種類があります。それぞれに特徴があり、目的やターゲットに応じて最適な広告を選ぶことが重要です。

運用型広告と予約型広告の違いは何ですか?

運用型広告は広告主が柔軟に設定できる一方、予約型広告は TikTok 側で広告枠を提供する形式です。前者は短期的な効果測定に適し、後者は大規模なプロモーションに適しています。目的に合わせて適切な広告形式を選ぶことが成功の鍵となります。

TikTok運用型広告の設定方法を教えてください。

TikTok運用型広告には、ブランド認知、購買意欲の増加、コンバージョンの増加などさまざまな目的を設定できます。目的に応じて、リーチ、トラフィック、動画視聴数、リード生成、アプリプロモーションなどの設定を行うことで、効果的な広告配信が可能となります。

TikTokの広告に必要な費用はどのくらいですか?

TikTokの広告費用は広告の種類によって大きく異なります。起動画面広告は500〜600万円、チャレンジ広告は1000万円、インフィード広告は約50万円、運用型広告は少額から始められます。自社の予算に応じて、最適な広告を選択することが重要です。

コメント